スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

背水

午後の休憩時間を使ってUP!
(実は昨日、文章だけ書いてUPし忘れたという・・・)

さて、歴史好き男子としまして(歴男とでも言うのか?:笑)
たまにはそういった話でも書こうかと思い立ちました。
(少々長めなので、今のうちにトイレに行くか、
飲み物の準備をしてください:笑)
注:そこまで長くはない! Σ( ̄∇ ̄;)!!うっ


つい先日、非常に厄介なお仕事が一区切りつきました。
人間、切羽詰まらないと、なかなか重い腰を上げないものです。
(°°(。。ウンウン
そんな状況の時に『背水の陣』なんて言いますが、
一般的な認識としては、
「自ら退路を断って奮起を促す」と言った意味で使用するかと思います。
これは、中国の「西楚の覇王 項羽」が、
川を渡り兵糧を3日分だけ残して破棄させ、
退く事が出来ない状況にすることで、
決死の覚悟で戦わせた事に由来します。
今でも、気がつけば(やる事やらずに、時間が過ぎていて)
自ら退路を断っていたなんて事も多いでしょう(笑

実は同時期にもう一つの『背水の陣』が、
あった事はあまり知られていません。
それは、上記の項羽と天下を争った「漢王 劉邦」の配下であった
「国士無双 韓信」が使用した策です。

ある戦いで韓信は、自軍の6倍近い勢力と戦う事になった時、
2つの兵法のタブーを覆して勝利しています。
1)数が不利なのに、部隊を分けた。
通常なら各個撃破され易い
2)川を背にして陣をしいた。
上記の通り退路を断ってしまい全滅の可能性あり

まず韓信は、部隊を3つに分けました。
第一部隊 敵を迂回して、一気に本拠地を落とす別動部隊
第二部隊 敵前を一気に横断して川に陣を敷く部隊
第三部隊 韓信率いる精鋭 直接戦闘部隊

まず事前に敵はほぼ全軍で城外に打って出ているため、
城はもぬけの殻だと言う情報を察知
⇒第一部隊は、大した抵抗もないので安全に城を落とせるので『安心』

第二部隊は、直接戦闘せずに敵前を横断して、
川を背にして陣を敷くので、攻撃を受けないので『安心』

第三部隊は、大将&精鋭が一緒に居る上、
既に逃げ込める陣が第二部隊によって完成しているので『安心』、
いざとなれば項羽バージョンの時と同じように奮起も促せる。

と、改めて書くと少々「おいおい・・」と言う感想もありますが、
全ての兵に『安心感』を持たせた上で、自ら死地に進み、
第一部隊が城を落とすまで耐えると言う『絶対防御』の構えで挑みました。

その結果、大勝利につながり韓信の名前が大陸に轟く結果となりました。
韓信の『背水の陣』は事前準備(情報収集)・人身把握を駆使した高等戦術だった様です。

いや~私も、韓信バージョンの背水の陣の様に、
事前準備からのスムーズな進行を心がけていきたいなぁ~
ヽ(`Д´)ノシャー

でも、ついつい気がつくと・・・『残り3日しかありません!』
『今回も奮起しちゃう?』的な流れになっちゃうんだよね
(´・ω・`)y━・~~~
あ~韓信の様な有能な守護霊でも憑いてくれないかなぁ(笑

長文にお付き合いいただき、多謝!m(_ _)m
(そのうち『四面楚歌』とかについても書こうかと思います)
スポンサーサイト

戦友

朝は寒かったのに~~~~
現在暑くて袖をまくって作業してます。
こう寒暖の差が激しいと非常に体調が不安です。

さて、私が大学1年の時に購入した関数電卓が、
いよいよお亡くなりになりました・゚・(ノД`)・゚・。
大学時代⇒YG設計時代⇒独立の計17年使用してきた電卓さん・・
(改めて年数を見ると驚くな(;゚ Д゚) …!?)
よく頑張ってくれたものです。

徹夜して図面を仕上げた日も、
役所に書類を提出しに行った日も、
構造計算した日も、
いつも近くにあっただけに感慨深いものがあります。

戦友だったこの電卓に「ありがとう」と「おつかれさん」
m(_ _)m



と、まあシンミリしている私に・・・・
お馴染み「マオ様」が額に爪痕を残してくれました。

額に3本線・・・
鏡を見て一言・・・・・・・・・・・
『ブッチャーかぁぁぁぁぁぁ!』
(_Ⅲ_)←前髪を上にあげた感じの額・・・

模型

先週の話で恐縮です。

先々週と先週の四日間、
取引のある会社にお邪魔して住宅模型を作成してきました。

建物の模型は昔から作成していまして、
古くは、日川高校屋内運動場の模型や、
甲府商工会議所ビル等の模型も作成した経験があります。
とは言え、このところご無沙汰だったので、
約3年ぶりの作成でした。
感覚を取り戻すまでが、もう大変・・・・
住宅模型はスチレンボードと呼ばれる
発泡スチロールを厚紙で挟んだボードと
部分的にはプラ棒等を使って作成します。

図面から、模型用の型板図面を作成するのですが、
この時点で四苦八苦。(この工程が最重要)
その後、型板に合わせて切り出し、
仮止めして、確認&微調整
そして接着を経て完成!!
模型1

模型’0421

結局20時間程かかってしまいました。
随分と苦戦しましたが、久々の模型作成は楽しかったです。

建築等に関わっている人ならば、図面(2D)→脳内で立体化(3D)
と出来るのですが、施主さんには難しいですので、
模型があるとイメージしやすく、非常に説明しやすいのが利点!
又、それを差し上げると結構喜ばれるのもポイント高いです。
時間に余裕があれば自分の物件でも作成してみたいと思いました。


さて、いよいよ明日は、4月第一例会!
非常に楽しみにしておりますよ!!

※ 政務委員会としましても、
  公開委員会を開催したいと思ってます。
  来週4/28(水)を予定しておりますので、
  皆様の参加をお願いいたします。


抜歯

親知らず・・・・
出来る事なら知らずに過ごしたかった。。。

と、言う訳で親知らずを抜く為に、中央病院に行ってまいりました。
正確に言うと、本日は抜くための事前診察でした。

私の親知らずですが、真横に生えてしまっているらしく、
通常通っている歯科では抜く事が不可能だそうでして、
口腔外科のある、中央病院を紹介してもらった次第です。

で、抜歯の日取りが決定いたしましたよ・・・
5/6(木)GW終了と共に抜歯!!!!!!

手順としては、
1)先ず歯ぐきを切開
2)親知らずを粉砕(;゚ Д゚) …!?
3)縫う!

だそうです。。。。。。
⊂⌒~⊃。Д。)⊃ ムゥゥゥ~
そこそこいい年してますが、ヤッパリ怖いですたい!
(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル
しかも、2・3日は顔が腫れるらしいです。

なんとか腹をくくらないと行けませんな・・・・

春祭

どうもこんにちは。4月ですね・・・
唐突ですが、先週末は信玄公祭り+αに参加してまいりました。
日本全国から仲間が集まる事、早7年・・・
今回も大阪・富山・愛知・千葉・東京・長野から来県!
総勢11名の大所帯でした。

先ずは、祭りの武者行列まで時間があるので、
北杜市の神代桜の見学にGO-!
何気に初観光だったりします。
桜1 0412

桜2 0412


気候も良く、満開の桜を堪能してきました。
若干「花より団子」だった輩もおりましたが、
流石は、樹齢2000年の日本三大桜!
ごっつい存在感でした。

その後甲府に帰還して、祭りの見学・・・・
とは言え、既に見慣れた光景ですので、
風・林隊の出陣を見届けて宿に向かいました。
(人が多すぎて写真が上手く撮れませんでした)

宿では各自が持参した各地の銘酒を楽しみ1日目終了。

2日目は、諏訪に移動して「御柱祭り」を見に行く為に、
一路中央道を北上!
シャトルバスが1時間待ちだったり、雨が降りだしたりと、
散々な状況だったために、駐車場にあった大型スクリーンにて我慢。
3人程歩いて木落としの会場まで向かいましたが、
自分はGIVE UP!とりあえず大型スクリーンと写メでお腹いっぱいです(笑)
御柱0412
↑友人の写メ
何はともあれ楽しい(おかしい?)集団ですな・・・・



オマケ

我が家のP○MA
ohagi10412.jpg
会社のマスコットに如何でしょうか?



ohagi20412.jpg
ああ・・・この状態じゃ無理だ(笑)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。